雑記

【Kindle】ついにキンドルを買ってしまったのでレビューします!【Paperwhite】

201610_uchigohan_04

Kindle買いました!わたしが選んだのはPaperwhiteのホワイト!

ずっと買いたいなー買いたいなーいやでも紙のあの手触りとか表紙の感じとかがやっぱりよかったりしない?って思い悩むこと数か月。

「Kindleはいつでも買えるけど、悩んで過ぎ去った時間はもう買えないからね?」

と、いつものごとくまことさん(夫)に言われてようやく買いました。

さっさと買ってもし気に入らなかったら使わなければいいじゃん、とか簡単に言うけどそれでもちょっと悩むよね。

あと、買うぞー!ってなってからも「どのkindleを買うか」でまた悩みました。

4種類もあるもんね、悩むよね。

「いちばんいいやつ買っとけば間違いないんじゃないの?」とかアッサリいうけどそうじゃないんだよ!みんながみんな自分みたいに決断力に溢れてると思うなよー!

ということでわたしはうだうだ悩んだので比較などなどあれこれ書き残します。

商品レビューは後半です。

Kindle (Newモデル)

初代キンドル!のニューモデル。

内臓ライトがなくてブルーライトゼロ!というのがウリ。

でも…内蔵ライトがないと薄暗い部屋じゃ読みづらいだろうなーと思って候補から外れました。

わたし目が悪いのでライトがほしいです。

重さ:161g

値段は一番安くてお求めやすくなっておりました。

目がいい人、いつも明るい日差しが差し込むオシャレなテラスとかで読書をする人はこれで十分なのかも。いやオシャレテラスじゃなくてもいいけど、明るい室内とか朝日が眩しい早朝の街角とか昼下がりの公園のベンチとか。

わたしはちょっと薄暗い仕事部屋とか暗い寝室とかで読みたいのです。(そんなんだから目が悪くなる

ライト無しでもいい!という人はこのkindleが最有力候補になると思います。軽いしね!

価格:¥8,980〜

ブラックとホワイトがあります。

Kindle Paperwhite

内蔵ライト付き!LED 4個使用

初代より重くなりましたが、ライト付きました!

Wi-Fi : 205g
Wi-Fi + 無料3G : 217g

価格:¥14,280〜

ブラックとホワイトがあります。

わたしが買ったのはこれなので、あとで詳しく紹介します!

Kindle Voyage

  • LED 6個使用
  • 明るさの自動調整機能付き
  • ページめくりボタン付き

Wi-Fi : 180g
Wi-Fi + 無料3G : 188g

ライトが2個増えて、機能も増えたのにPaperwhiteより軽くなりました。(205g→180g)

あと薄い! Paperwhiteが9.1mm、このVoyageは7.6mmです。1.5ミリ…!

でもお値段1万円アップ。色はブラックのみ。

価格:¥23,980〜

Kindle Oasis

今のところ一番お高いkindleです。

LED 10個使用
明るさの均一性が向上

Wi-Fi : 131g
Wi-Fi + 無料3G : 133g
(カバー未装着時)

ライトも増えたし、軽くなったし、バッテリー内臓のカバーはなかなか高級感のある仕上がり。

でもちょっと値段が高い~。kindle初心者なのでここから攻める勇気がありませんでした。

本体の色はブラックのみ。でもカバーのカラーを3色から選べます!(ウォルナット、ブラック、メルロー)

201610_uchigohan_12

価格:¥35,980〜

カバーだけ買うこともできる!

Kindle Oasisのカバーは単品でも売っているので、最初に買った色に飽きたら他の色を買って気分転換できます。

もちろんKindle Oasis本体を持っていないとなんの役にも立たないので、本体必須です。

価格:¥11,480

Kindle PaperwhiteとKindle Voyageで悩みました

物のランクが「松・竹・梅」とあると真ん中を選びたくなるのが人の性というもので、わたしももれなくこの真ん中のふたつで悩みました。

結果購入したのは「Kindle Paperwhite」のほう。

Kindle使うのは初めてなので、もしすごく気に入ったら上位バージョンを買えばいいし、とりあえず買うならこれかな!と。

ページおくりボタンは便利かもしれないけど、最初からなければきっとそれで慣れるし、普通の読書にページおくりとかないけど全然不便じゃないもんね。

重さもそんな数十グラムくらいで疲れるような柔な腕してないからだいじょうぶ。

あとやっぱり値段。

PaperwhiteとVoyageのスペックの差に一万円の価値があるかっていうと正直わからない。

よってKindle Paperwhiteに軍配が上がりました。

これだ!

Kindle Paperwhiteにはブラックとホワイトがあった!

黒しかないんだと思っていたら、いつのまにか白もありました!

これは悩む。黒しかなければ迷わず黒を買うのに、白もあるよーって言われたら悩む!

白って手垢が目立ちそうじゃない?って言われたけど、いやちゃんと手洗いしてるし!とか思いつつ、ここで二日くらい悩んだよね。

まことさんは当然のように「両方買えば?」とか言うよね。その適当さというか何かを多少分けてほしいところではありますが、同じの2台もいらんわ。

悩んだけど、もうめちゃくちゃ悩んだけど、買いました。

理由は「白があるってわかって悩むんだから白が気になるってことよね」ということで。

気にならなかったら悩まないもんね。なんか気になる!って好きってことよ。

わたしが買ったのはこれだ!

201610_uchigohan_05

Kindle Paperwhiteのホワイト!

このKindle Paperwhiteのホワイトの白は、iphone6の白みたいなツルツルした感じではなくて、ちょっとだけザラザラした質感の白です。いやザラザラじゃないな、すべすべ?

201610_uchigohan_09

よくわからん表現で申し訳ない…。

とにかくiphoneツルツル度が10だとしたら6くらいです。さらにわからんね、ごめんね。反射の少ない白っていうのかな。

手垢はまだ買ったばかりなので目立ちませんが、三か月ぐらい使ってみてまた手垢具合報告しようとおもいます。手垢具合て。

カバーはこれを買いました

201610_uchigohan_06

いつも使っているバッグには「iphone」「キーケース」「財布」しか入ってないんですが、今後はここに「Kindle Paperwhite」が仲間入りです。

そうなるとiphoneがゴリゴリぶつかってKindleの画面に傷をつけてしまいそうだなあと思ってカバーも同時に購入しました。(わたしのiphoneはむき出し)

選んだのはコレ。

「Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー」です。

4680円もしました。Amazon儲かってんなあ!

2000円くらいのカバーもあったんですが、このカバーはなんせAmazonの純正かつKindle Paperwhite専用なんです。

安かろう悪かろうを掴むのは嫌なのでここはちゃんとしたの買っておこうかなと。

201610_uchigohan_07

これ買って大正解です。超ぴったりサイズで、本体をはめるときも、もきゅっと入りました。もきゅっと。

この淵のところがゴムなので、ぐいっと押し込むまでもなくもきゅっとはいって、ぴったりフィット。逆さにしても落ちません。

201610_uchigohan_10

ガチャッてはめ込むタイプだとkindleに傷がつきそうで嫌だなあと思っていたんですが、これは柔らかピッタリフィット!

色は悩んだけどミッドナイトブルーにしました。青い色には心を落ち着ける効果があるよ!

201610_uchigohan_08

この蓋を開け閉めすることでスリープ機能がONOFFできます。優れもの!

開いたらすぐに読書が再開できるよ。

201610_uchigohan_11

後ろに折り返してもだいじょうぶ!

この下側だけkindle本体の色が見えてしまうので、こういうところ気にする人は黒いkindleのほうが目立たなくていいと思います。

カバーの色によるけどね。

201610_uchigohan_13

7色あるよー!

他に気になったカバーたち

わたしが20代前半くらいのときに会社の40代の上司がこれ持ってたら「わーカッコイイ!」って思うだろうなってカバー。(超限定的

ものを大事にしてそうな人が好きだ!

妙に高級感があります。

革の手入れが多少必要になりそうですが、読書好きなんだろうな~というのが伝わってきます。

6,680円です。高いね。高いけどたぶん満足できる気がします。

さっそく本を買ってみた

201610_uchigohan_14

随分前に本屋さんで見つけて気になってはいたものの、ハードカバーで買うほどでもないかなあ(失礼で申し訳ない)…と思って買うのをためらっていた「君の膵臓をたべたい」を買いました。

膵臓たべたいて!気になるよね。

これ購入するのワンクリックでした。ワンクリック注文しかないんです。

ワンクリック注文解除できる?と思って調べましたが、現状不可能とのことです。

これは怖い!ええいままよ!的な気分のときは危険かもしれない。今後の本代が恐ろしいです。

ただ注文を間違ったり、押したつもりないけど押してしまった!というときは速やかにAmazonに相談すればなんとかなりそうです。

公式サイトより↓

Kindleストアでご購入いただいたKindle本については、注文日から7日以内に限り、Amazonの裁量にて返金を承っております。返金をご希望の場合は、カスタマーサービスにご連絡ください。

「Amazonの裁量にて」ではありますが、多少の救いが。

kindle読書どーよ?

味気ないんじゃないかと思っていたkindleでの読書、全然味気なくないです。

これ、本だわ。本と比べて遜色ないです。

kindleで一番懸念だったのが、ページを切り替えるときにほんの一瞬暗転する挙動だったんです。目が痛いかな、とか気になるかなとか。

でも「すぐ慣れる」と書いてあるのを信じて買ってみたんですが、慣れました。

慣れるとかそんな大げさなことじゃなくて、気にならなくなってしまった。しかもほんの数分で。

kindleすごいな!

っていうわたしのkindleデビュー&レビューでした!

-雑記