雑記

アート引越センターで引越ししたら大満足だったので褒めちぎる

先日引越し完了しました。

もう最初から最後まで大満足な引越しだったので、お世話になったアート引越しセンターを全力で褒めちぎろうと思います。

もうふたりで「やっぱアートだね」「次もアートにしよう」とCM出演狙ってる勢いで大絶賛ないい引越しでした。

このクオリティが続きますように!

引越し当日

「当日は8時スタートで伺います」という事前連絡を頂いていたんですが、まさに8時ピッタリにピンポンがなりました。

絶対少し早くに着いてマンション前で待機してたに違いない。

ただ、インターフォンの画面に映ったのが女性だったんですよね。女性1人と男性2人。

まことさんが「あー女の子がいる。屈強な男3人がよかった」とかぼやくところからスタートです。

挨拶が気持ちいい!

玄関のドアを開けたら、まずはその女性の方から自己紹介でした。

「本日○○様の引越しを担当させて頂きます、リーダーの△△です!先に作業員の自己紹介をさせて頂いてもよろしいでしょうか?」

まさかまさかのその女性がリーダーでした。

そして他の男性作業員2名も各々自己紹介をしてから引越しスタート!

作業計画が完璧

最初に荷物の確認をさせてくださいと言って、全部屋の荷物をチェック。

どの荷物から運び出すか等々を瞬時に判断していたんだと思います。

そこからはその女性リーダーの指示にしたがって2人の男性がテキパキ動いてどんどん荷物を運び出していきます。

なるほど女性は指示出しだけなのかな?と思っていたら、リビングの重たいテーブルを1人で担いで持って行ったり、エアコンの室外機を1人で運んだりめっちゃパワフル!

思わずまことさんと顔を見合わせて驚きました。

まことさんだってリビングのテーブルは1人で持てないし、室外機も重いよね?それを1人でよいしょと軽々抱えて持って行く姿の勇ましさよ。

か弱そうなのに、わたしより小さいのに、めっちゃかわいいのに(これは関係ないけど!)どこにそんなパワーがあるのか。めっちゃ格好良かったです。

女性なのに云々ていうのはセクハラかもしれないけど、めっちゃびっくりしました。

もしかしたらすごく重くて超がんばってるのかもしれないけど、作業の間ずっと真剣な表情で「重そう」とか「大変そう」とかいうのは皆無でした。

もちろん私語もゼロ。リーダーの方の指示出しも感情的に大声で怒鳴ったりとかは全然なくて、淡々としていました。

ぞうきんがあればお借り出来ますか?ときかれたときの笑顔のまぶしさといったら、まことさんと「結婚するならああいう人がいいよね」としみじみしてました。

「わたしに任せておけばだいじょうぶ」オーラがまぶしかったです。

全部の家具を丁寧に拭いてから搬出してくださったんですが、姿見もピッカピカに磨いてくれてちょっと恥ずかしかったです。前日に拭いておくべきだった!鏡はホコリが目立つよね…?

梱包が神業すぎる

当日に作業員が梱包しますのでそのままで大丈夫ですよ、と言われていたパソコンやモニターの梱包がめっちゃプロでした。

ダンボールをカッターでザーッっと切り開いて、パパッと組み立て直してオリジナルのジャストサイズの箱を作り出してそこに収納するんです。

もう手元の動きが早すぎて、どうしたらそんなに素早くサイズを見極めて箱を作れるのかマジックを見ているようでした。

引越しスタッフさんのレベル高すぎ!

こんなの一朝一夕でできるようになる動きじゃないです。プロはさすがだなあと惚れ惚れでした。

写真とか動画撮りたいくらいだったけど、さすがに失礼なので遠目に見てるだけでした。

昼休憩

8時からスタートして、二カ所積みだったので途中移動も挟んで荷積みは3時間で終了。

途中に寄る所があるので、現地到着は14時頃になりますが大丈夫でしょうか?と言われたので、そちらのほうがお昼ゴハンを食べる時間があってこちらもむしろ都合がいいですと言って一度別れます。

お昼ゴハン食べながら「アートさんすごいね」とそればっかり。

もちろんスタッフさんにも左右されると思うので運がいいだけなのかもしれませんが、まわしものになりたいくらいハートを掴まれています。アートいいよ!

不測の事態にも迅速に対応

14時、これまたちょうどにアートさんはやってきて荷下ろしがスタートしました。

でもここで「スタッフがリーダー1名しか来てない」という状況でした。「引越し先では管轄が変わるのでリーダー以外の作業スタッフ2名は変更になります」というのは聞いていたんですが、まさかの「スタッフが来れない」状況。

午前中の作業でトラブルが発生して時間がかかっているそうで、「他の人員を手配中ですのでご安心ください!」ととりあえず女性リーダーがたったひとりで荷下ろしを始めました。

さすがに「わたしたち手伝ったほうがよくない?」という状況だったんですが、わたしもまことさんも体力無い人なので役に立てる気がせず(情けない)

下手に手を出しても邪魔だろうなあとお任せしました。

リーダーはテキパキと養生をして、ひとりでも運べる荷物をどんどん運び込みます。といってもリビングのテーブルも1人で運ぶからスピードはめっちゃ早い!

助っ人がやってきた!

途中で急遽手配された別のスタッフさんが1名だけ合流しました。

この方もまずは挨拶をしてくれて、まるで示し合わせたように息ピッタリな手際の良さでリーダーと大きな荷物の荷下ろしスタート。

スタッフ同士が全員知り合いってことはないんじゃないかと思うんですが、初対面でもこんなにスムーズに作業ができるのかーと感動。初対面かどうかわからないけど。

出会ったスタッフさんが全員「プロだなー」と感じました。

引越し完了!

結局最後まで3人目のスタッフは来れなくて2名での作業でしたが、予定通り16時半に終了しました。

一人足りないのに、そもそも3人も必要なかったんじゃないかっていうくらいでした。

完璧すぎて何一つ文句無いです。

運び込んだ段ボールの下には床が汚れないように不織布がきれいに敷いてあり、細かい気遣いにただひたすらに感動です。

アート引越しセンター

家具は「こんなふうに設置してください」とお願いした位置にきちんと置いていただけるんですが、もし後日「やっぱりこっちに置きたい!」と思った時には引越し後一年以内に一回だけなら移動のお手伝いに来てくれるそうです。

こういうサービスはすごくありがたいなーと思いました。まことさんの机とか重すぎてわたしには動かせませぬ。

あと「梱包は自分で」のコースだったんですが、スタッフさんが梱包してくれたパソコンやモニターは開梱もスタッフさんがやってくれました。

おかげですぐに仕事に取りかかることができてすごくありがたかったです。

そのときに出た段ボールゴミはすべて持ち帰ってくれました。

引越し代金にプラスされたもの

冷蔵庫の下に敷くマット

冷蔵庫の搬入のときに、「床に傷がつかないようにする保護シートがあるんですが敷きますか?」と「5安心マット」というのを勧められました。

価格は4800円くらい。ちょっとお高いね!

でもお願いしました。我が家は賃貸なのでなるべく傷をつけないように暮らさねば。

色とか柄は選べなくて、ちょっと合ってない気もしますがご愛嬌。

5安心マット

新居は冷蔵庫の設置場所が三方向壁で、冷蔵庫が超ギリギリ。入らなかったら冷蔵庫買い替えかも…とドキドキしていましたがなんとか入りました。ドアもちゃんと開くよ!

マットは大きさが合わなかったので切ってくれました。左右合わせて左の角も丸く切ってくれたら更に良かった気もしますが、多くは望まんよ。

見よこのジャストサイズっぷり。

5安心マット

超ピッタリサイズです。奥までまっすぐきれいにカットしてあります。

このマット自体は似たようなものをもっと安く買うこともできるだろうけど、自分でここまできれいにカットして設置できるかっていうと難しいです。

マット料金+設置料だと思えば絶対お得。後から自分で…って無理だもん。冷蔵庫なんか動かせない。

プラス料金になるから一瞬「高いかも」と思ってしまったんですが敷いてもらってよかったです。

無地のマットをぜひラインナップに加えて欲しいです。色がー

エアコンと洗濯機の設置

これは引越し翌日に専門の業者さんがきてやってくれました。

エアコンは何度も移設しているのでガスの補充が必要だとかで追加料金でした。こういうのは全くもって専門外でわからないので言われるがままです。

でもあれこれ質問しても全部しっかり教えてくれるハツラツとした若いおにーさんで、頼もしかったです。やっぱ自分の仕事に誇りをもっている人っていうのはいいなあと思うよね。

途中まことさんがiQOS吸っていたら「あー自分も同じの吸ってますー」とかってタバコトークで盛り上がって意気投合してました。

洗濯機は引越し料金に設置料金が含まれていたことをすっかり忘れていたんです。

なので荷下ろし終わったあとに「洗濯機のホースつながってないけどこれ自分でやらないといけないんじゃない?!」とわーわー言いながらふたりで一生懸命設置したあとでした。

MacBookより重いもの持てないまことさんに洗濯機持ち上げてもらったのがわたし的にはめちゃくちゃ楽しかったです。

でもホースがうまくつながらなくて途方にくれていたから業者のおにーさんが神様に見えたよね。

ご自分でされたんですかーでも料金もらっているんで、ちょっと見ましょうか?と見てもらって、ホースもきちんとまっすぐつないでもらいました。

やっぱプロは違うわ。おにーさんさすが。

しかも一年間の作業保証付きでした。なにか不備があれば無料で直してくれるそうです。

安心感半端ないです。アートにお願いしてよかった。

スマイルカードを出そう!

引越しの最後に今回の引越しの感想を書いて出すハガキを渡されました。

「わたしたち、100%回収を目指しています!」

って言われたら出すよね。スペースいっぱいにお礼と称賛の言葉を書いて翌日投函したのは言うまでもなく。

こういうきちんと名指しでお礼が言えるシステムはいいなーと思います。お給料に反映されていることを祈るばかりです。

お世話になりましたー!

番外・引越しスタッフさんに心付けって必要?

わたしは渡しませんでした。

最初は何か飲み物とかいるかな?お昼を挟むからランチ代とか渡した方がいいかな?と悩んだんですが、飲み物は自分たちで用意しているだろうし、ランチもしかり。

とてもいい引越しだったので最後に渡そうかとちょっと思ったりもしたんですが、引越し業者さんは引越しをするのが仕事だし、その料金は払っているのだから更にお金を渡すのはおかしいかなあと。

あと動きに一切の無駄がなくてテキパキテキパキ動くから声をかける隙がなかった!邪魔しないようにただひたすら見守る引越しでした。

スタッフさんの気持ちはわかりませんが、その場でもらう幾ばくかのお礼よりもスマイルカード(アートさんの場合)をしっかり書いて送ることのほうがありがたいんじゃないかと思います。(ちがったらごめんね!)

あとはリピーターになったり友だちに良かったよ!って紹介したり。

業種は違えど、わたしは一回きりの心付けより次回も仕事を依頼してくれる人がありがたいからそんなふうに思います。

-雑記
-