タウンシップ – レベル23になりました!協同組合にも入ったよ

タウンシップ

タウンシップ、レベル23になりましたー!

市設市場を作ったら「わたしが足りなくて困っているもの」を買ってきてくれる商人のおじさんが利用可能になったんです。これめちゃくちゃいいやん!って利用しまくっていたら、翌日から有料になりました。

タウンシップ

最初だけ無料でいいよ!とか言われた覚えないんだけど!すっごいぬか喜びしてしまったー

しかも雇うためにはお金じゃなくてチケットが必要。チケットじゃなくてキャッシュか。現金!

しばらく使う予定無し!でも売ってる商品はちょくちょく購入しています。これ便利。

助け合うといいことがある

タウンシップ

ヘルプを出している人のリクエストに答えるとお礼に「四つ葉のクローバー」が入った手紙が届きます。

5枚集めると「幸運の家」でくじ引きが一回できる!

タウンシップ

これすごく美味しいなあと気づいてからはヘリコプター(住人のリクエスト)そっちのけで、だれかリクエスト出してないかなーとチェックするようになりました。

いつ友だちになったか謎なんですが数名「友だち」がいて、その少ない友だちのヘルプにせっせと応えていたら、向こうもわたしのリクエストに応えてくれて、わたしたちすごい助け合ってる!風になりました。

とにかく彼女たちからのヘルプには商人から買ったり在庫がなければ自作してでも最大限応えるようにしています。箱がいっぱいで無理なときもあるけど。

こういう「誰かの役に立ってる~」っていうのはやっぱり心をくすぐられてしまうよね。

もちろん目的は四つ葉のクローバーだがな!情けは人の為ならず。

協同組合に入りました!

ヘイデイのときは全然コミュティとかダービーをやらないぼっちプレイだったので、タウンシップではちょっと人と絡んでみることにしました。

まだ作れるものも少ないし役に立てるかなあ~と心配だったんですが、同じくらいのレベル帯の人ばかりでとりあえず安心。

タウンシップ

「レガッタ」というレースがあるらしいんですが、わたしスタート時に組合員じゃなかったので「レース外」になっていました。次回は参加できるといいな。

この協同組合、最初20人くらいだったんですがすぐに枠が埋まってその後ずっと30人をキープしています。最近始めた人もいっぱいいるってことよね。

たまに誰か抜けて行って、またすぐ誰かが入ってきます。

「Help」とだけ言って品物のリクエストを出して、すぐに寄付が集まらなければ抜けていく人なんかもいて、そのアッサリ具合が嫌いじゃない。

タウンシップ

わたし工場をあまり建ててないから自分じゃ作れないものも多いんです。

そんなとき助けてもらえたらすごくありがたいので、自分が作れるものはどんどん寄付しています。そしたら相手にも助けてもらえることが多くなって、なんだかいい感じの協同組合生活です。

やっぱ自分が欲しいものは先に相手に与えねばならんのだよ、とゲームで再認識するのでした。

公共の建物を建てるのがなかなか時間がかかる

公共の建物を完成させるときに必要なアイテムがなかなかそろわなくて、ヘルメットマークの建物があちこちにあります。

産業学会を建てたい!

タウンシップ

産業学会建てたいです!

でもまずは「鉱山」を修理して「鋳物工場」を建ててからじゃないと建てられるようになりません。いま鉱山まさに修理中だから…まだまだ先になりそうです。

「研究所」は完成しました

タウンシップ

でもこれ「宝石」をたくさん使うので、これも使うのはまだまだ先になりそうです。

最初にお試しで「作物の収穫量が2倍になる」ブースターを発動させられたんですが、納屋に余裕がないわたしには迷惑以外の何物でもない収穫量でしたw そんなに入らないよ…!

必要な分だけ刈り取ればいいんですがそしたら時間がもったないないような気がして、いつも何かしら畑に植えてしまいます。そして小麦が欲しいのにスペース空いてなくて数時間待ちとか。

もうちょっとうまく植えよう。

今日のタウンシップまとめ

わたしはせっせと四つ葉のクローバー、もとい友だちのためにチーズを作りパンを焼いております。

あと協同組合で出会ったアクティブな人と品物を融通しあって良い感じで遊べてます!ぼっちじゃないのもたまにはいいね。